Archive for the 'News'

キャッシングの明細書、見られてもいいですか?

よく、お財布の中がレシートでパンパンになっている人がいますが、風水的にお財布の中は綺麗にしておいた方がお金が貯まりやすいといいます。とはいえ、家計簿などの為に捨てずに残している人もいるでしょう。もちろん、お金が貯まる貯まらないというのはお財布の整理具合だけの問題ではありませんし、風水など気にしていなくても金運がある人もいるでしょう。先に述べたレシートを捨てる捨てないは性格の問題ですし、それらを見られて困る事もないのかもしれません。ですが、レシートではなくキャッシングの明細書となると別ではないでしょうか。もし職場などで財布を落としてしまった場合、拾った人は誰のものだろうと一度は中身を見るでしょう。そこでキャッシングの明細書などが入っていたら、恥ずかしい思いをするのは間違いありません。もちろん、キャッシングは犯罪ではありませんし、拾った人に迷惑がかかるわけではありません。しかし、借金は人に知られたくないと思うものです。なので、そういったもしもの事態に備えて、キャッシングの明細書は自宅で保管するのがベストでしょう。

キャッシングの最大借入額を知る

キャッシングを利用する場合は、その人の返済能力と信用度に合わせて最大借入額が決まります。 借入限度額と言われる事も有りますが、どちらもどれだけお金を借りる事が出来るかを示したものです。 通常、キャッシングの場合は初回利用の時はまだ金融機関からの信用度が低い状態となっているので、最大でも借入額の下限までしか借りられないようになっています。 どれだけ収入が多かったとしても、最初から上限ぎりぎりのところまで借りる事は出来ません。 しかしいつまでも最低額になってしまう訳ではなく、その後利用実績を上げて行けば、次第に金融機関からの信用度も上がって行きます。 それによってこの人にはお金を貸しても大丈夫だと金融機関の方が判断する事になるので、融資額の増枠の打診があったりします。 増枠が認められればその後キャッシングを利用する時は、今までよりももっと沢山のお金を借りる事が出来るようになります。 最大借入額はいつまでも一定ではなく、次第に増していく事が出来るようになっています。

キャッシングを申し込む際の本人認証について

キャッシングを申し込むときに、本人認証で職場に電話がかかってくることがあります。厳格な本人認証がない消費者金融もあります。しかし、そのような消費者金融は、いわゆるヤミ金といわれる不良業者であることが多いのです。別に職業や職場を偽っているわけではなくても、職場に電話がかかってくると、いろいろ同僚に勘ぐられます。それが予想される場合には、消費者金融の担当者に、事前に相談して下さい。電話以外の方法を模索してくれる消費者金融が多くあります。また、女性が利用しやすいように女性オペレータが対応してくれる業者もあります。本人確認の書類は、スマホのカメラなどで撮影し、インターネットで送った方が審査がスムーズになります。仕事用の名刺も撮影して送るとさらによいでしょう。インターネットから申し込むWeb完結申込をサポートし、月々の明細を自宅に郵送しないようにできる業者もあります。この様な業者では、カードを作らないので、持ち運ぶ必要はありません。しかい、キャッシングしてATMですぐに使いたい場合には、すこし不便です。

キャッシングの利用と運転免許証について

“キャッシングの申込をする時は、担保や保証人を用意する必要はありませんが、本人確認書類は用意しなければいけません。
そこで良く使われるのが運転免許証です。
その人の名前だけでなく写真や本籍地、住所、生年月日等様々な情報が掲載されているので、本人を確認する上でとても使い勝手の良い物です。
もし運転免許証を持っているのであれば、それを提示しましょう。

本人確認書類としては健康保険証等もあります。
もし自動車やバイクの免許を持っていないという人がいたら、こうした物を提示すれば融資の申込をする事は可能です。

ただ金融機関側は、運転免許証があるならそれを提示してもらいたいと言ってくるのが一般的です。
これは免許証についている番号がいつまでも同じ物を使い続ける事が理由となっています。
結婚で苗字が変わったとしても、引越しで住所が変わったとしても免許証に記載されている番号が変更されることはないので、本人確認をする為には最も適している物だと言えます。”

web完結でキャッシングの申し込みをする

“お金を借りたいと思っても、なかなか知り合いには借りにくいものです。
そんな時は金融業者に申込んでお金を借りれば、自分の責任で借りることができるので誰にも迷惑をかけることがありません。
金融業者へのキャッシングの申し込みは、いろんな書類を用意したり手続きに時間がかかるので面倒だという人もいます。
今は消費者金融でも銀行でも、店舗まで行かなくてもパソコンやスマホから手軽に申し込めます。
キャッシングの申し込みをweb完結でおこなう金融業者も最近は増えてきました。
すべてweb上で手続きがおこなえるので便利で、必要書類もwebから送れるので、郵送などをする必要がないです。
web完結のメリットは、会社への電話連絡がないことや郵便物が自宅に配達されないので、職場の人や家族にキャッシングすることを知られずにすみます。
web完結をする場合は指定銀行に口座があるなどの条件があるので、よく確認してから申込むようにしてください。