Share

キャッシングの利用と運転免許証について

“キャッシングの申込をする時は、担保や保証人を用意する必要はありませんが、本人確認書類は用意しなければいけません。
そこで良く使われるのが運転免許証です。
その人の名前だけでなく写真や本籍地、住所、生年月日等様々な情報が掲載されているので、本人を確認する上でとても使い勝手の良い物です。
もし運転免許証を持っているのであれば、それを提示しましょう。

本人確認書類としては健康保険証等もあります。
もし自動車やバイクの免許を持っていないという人がいたら、こうした物を提示すれば融資の申込をする事は可能です。

ただ金融機関側は、運転免許証があるならそれを提示してもらいたいと言ってくるのが一般的です。
これは免許証についている番号がいつまでも同じ物を使い続ける事が理由となっています。
結婚で苗字が変わったとしても、引越しで住所が変わったとしても免許証に記載されている番号が変更されることはないので、本人確認をする為には最も適している物だと言えます。”


Aug 23rd, 2015 | By | Category: Businesses, News

Tags: