Share

キャッシングはどこが得なのか比較してるサイト

楽天銀行カードローンは収入証明書も無しで審査通過するので良いと聞いて、総量規制の対象でも無いので申し込んだらすぐに限度額100万円の融資がおりると連絡が来てびびった。

大手キャッシング会社は消費者金融系と銀行系カードローンに別れるけど、総量規制の対象かどうかでずいぶん限度額が変わると言われている割に、審査が厳しいので銀行のカードローンで実際に限度額が大きく出る事はあまりないよね。

公務員で安定しているとか上場企業に勤める高額所得者であれば、それなりの限度額が出ると思うけど、金利も低いし銀行口座持っていると審査も早いし消費者金融よりずっと良いよね。

新生銀行カードローンレイクも審査が比較的甘かったけど、オリックス銀行も良かったな。

収入証明書の類いは大金をキャッシングしたいと思わなければそれほど必要なところはないし、保証人はもちろんいらないし、最近はweb簡潔申込とかで審査したらすぐに借入限度額が解る。

ただやっぱり総量規制がやっかいで、消費者金融は住宅ローンやカーローン、クレジットカードの使用金額なども含めて審査されるから、殆どキャッシング枠が出ないというのが現状だ。

じぶん銀行も専業主婦や学生に優しい審査内容になっているけど、やっぱり限度額が低く設定されいている。

キャッシング選びって金利と限度額、収入証明書の不要かどうか、審査スピードと即日融資可能かどうか、総量規制の対象かどうかが主な比較ポイントだけど、自分で全部調べるのは手間だからしっかり比較してくれているサイト探したら凄い便利なキャッシング比較調査隊ってサイト見つけた。

消費者金融の審査の裏側や銀行カードローンの審査の実態、闇金融の審査や顧客情報の取り方、中小消費者金融の安全性などを含めて説明しているし、無利息サービスの消費者金融なども比較されているのが便利だよね。

キャッシング比較調査隊にも説明があったけど、保証会社と銀行カードローンの関係や、専業主婦でも銀行カードローン以外で借入出来る配偶者貸し付けの制度で比べて借りやすいキャッシング会社や、審査にとおりやすい金融機関の比較も良かった。

三井住友ファイナンシャルグループや東京スター銀行の金利の決まり方とか、他の金融会社と比較しないと解らない事が書いてたのも驚きでしたよ。


Jun 16th, 2015 | By | Category: Businesses, News

Tags: